インフォメーション

2009年02月 ブログ運用開始(玄箱,Web Diary Professional 使用)

2012年10月 ブログシステムをfreoに移行

2015年05月 サーバを「Cubieboard」に移行し運用開始

2018年10月20日 なんちゃって百葉箱(後に「な!百葉箱」と命名)の運用開始(HomeWeather)

2019年09月01日 な!百葉箱(第2版)運用開始

エントリー

LCメーターLC100-A

0.001μHまで測定可能な安価(¥1,960と5%割引)なLCメーターをAmazonで見つけたので購入していたLCメーター(LC100-A)が届いた

Amazonでレビューが少ないので大丈夫かなと思っているが,どんなもんか確認してみる

IMG_20211119_195850.jpg

その前にマニュアルが無いため使い方が判らないので検索してみた

「LC100-A」で検索すると,https://www.jh4vaj.com/archives/4896 で紹介されていてマニュアル(英語)も見つかった

操作方法

(ボタン)

IMG_20211120_194145-2.jpg

赤:0リセット押ボタン

白:静電容量のH/Lトグルボタン

青:インダクタンスのH/Lトグルボタン

黄:静電容量とインダクタンスの測定切替トグルボタン

(ボタンに対する表示)

インダクタンス:Lx,静電容量:Cx,高インダクタンス:Hi.L,高静電容量:Hi.C

(静電容量測定)

テスト端子を開放した状態で赤いボタンを1秒間押し続けると「CALCULATING…」から「CALCULATING…OK」となる(0リセット)

②赤いボタンを離すと「0.00pF」が表示され静電容量を測定できるようになる

③測定対象を放電してテスト端子に接続して測定する

(インダクタンス測定)

テスト端子を短絡した状態で赤いボタンを1秒間押し続けると「CALCULATING…」から「CALCULATING…OK」となる(0リセット)

②赤いボタンを離すと「0.000uH」または「0.000mH」と表示されインダクタンスを測定できるようなる

③測定対象をテスト端子に接続して測定する

(注)測定対象が単位に0リセットする事

ケース

お馴染みThingiverseから調達してケースを印刷

(底側)

IMG_20211121_124913.jpg

(蓋側:以下の状態で印刷した場合)

IMG_20211121_124929.jpg

(蓋側:上下を変えて印刷した場合)

IMG_20211121_124940.jpg

上下を変えて印刷しないと底側との結合部の凹凸が綺麗に収まるように印刷できないのだが,下側にサポートが入るため表面となる印刷面が粗くなるのが問題

今後も事もあり調べてみると「サポートインタフェースを有効にする」とサポートとの間を僅かに精密印刷できるそうだ(Cura 4.10.0の設定項目)

WS_20211121_001.png

収まりが悪いが見栄えのする蓋でとりあえずは完成させた

IMG_20211121_133504.jpg

検証

インダクタンスの測定検証する

公称値(μH) 測定値(μH) 測定画面
100

68.37

66%(1.5)

IMG_20211121_133958.jpg
47

27.76

58%(1.7)

IMG_20211121_134050.jpg

5(手巻き計算値)

5(クラップ回路測定計算値)

2.018

40%(2.5)

IMG_20211121_134147.jpg

1.1(手巻き計算値)

1.5(クラップ回路測定計算値)

0.437

36%(2.8)

IMG_20211121_134227.jpg

0.4(手巻き計算値)

0.78(クラップ回路測定計算値)

0.095

3倍位(補正)

IMG_20211121_134318.jpg

0.4(手巻き計算値)

0.81(クラップ回路測定計算値)

0.143

3倍位(補正)

IMG_20211121_134354.jpg

0.3(手巻き計算値)

0.69(クラップ回路測定計算値)

0.093

3倍位(補正)

IMG_20211121_134502.jpg

50μH以下では実際の値と50%以上の差があり,インダクタンスが小さくなるにしたがって差が開く傾向にある

結果,クラップ回路測定計算値と並行して正確な値を確認しないならないようだ

仕様
  • 測定精度:1%
  • 静電容量測定範囲:0.01pF-10uF
  • 最小解像度:0.01pF
  • インダクタンス範囲:0.001uH-100mH
  • 最小解像度:0.001uH
  • 広いインダクタンス測定範囲:0.001mH-100H
  • 最小解像度:0.001mH
  • 大きな静電容量測定範囲:1uF-100mF
  • 最小解像度:0.01uF
  • 試験周波数:コンデンサ、約500kHzのインダクタ、約500Hzの大きなインダクタンス
  • 有効表示桁数:4
  • ディスプレイ:1602 LCD
  • 電源:miniUSBまたは5V電源

STM8S003(8ビットマイクロコントローラ)を使用している

IMG_20211121_152432.jpg

改造(案)

バックライトが明るすぎるので調整したい

LCDモニター(1602A)の15,16Pinがバックライト電源で(以下の場合)基板のR9をバターンカットして330Ωの抵抗を入れれば良い感じになるそうだ

IMG_20211121_152325.jpg

追加ケース

検証している時間にサポートインタフェースを有効にして蓋側を再印刷した

少しだけ綺麗になった

IMG_20211121_155640.jpg

蓋と底の隙間もなくなった

IMG_20211121_160439.jpg

黒にしたせいもあるが見た目も悪くないようだ(遠目で観ると艶消しの感じとなる)

IMG_20211121_160503.jpg

クラップ発信回路を調整してインダクタンスを測定

LPC用のコイルをクラップ発信回路で調整しようとしたが発振しないせいで上手くいかなかったのでコンデンサーの容量を変更して確認することにした

確認するために用意したインダクタは7種で,市販品の,1mH,680μH,470μH,220μH,100μH,47μH,10μH

IMG_20211121_133730.jpg

目的とするインダクタは手巻きの,0.4μH,0.3μHで,間がないので手巻きで,5μH,1.1μHを作製

IMG_20211119_192552.jpg

回路図のC2,C3,C4の容量を変更して確認する

SC_20211112_01.png

発振して計算して判定できたインダクタをチェック

C2,C3,C4の容量(pF) 判定できた最大インダクタ(μH) 判定できた最小インダクタ(μH) 備考
80,000 1,000 47 コンデンサの表記は0.1μFだが測定すると0.08μF
3,300 680 47  
1,000 47 1.1  
680 10 1.1  
470 5 0.3 目的のインダクタが確認可能レベル
330 - - ミスがあり測定不能で終了

(注)最大インダクタは必要ないので確認していない物もある

新しいシンクロスコープ(H052)も並行使用して確認(10Mhz位までは正確のようだ)

IMG_20211119_183222.jpg

なんとか目的のインダクタで発振して計算できたのだが,300~400nHで手巻きしたコイルのが600~800nHだったので正確なのかどうか判断できない

・・・

と,思っていたところへ安価(約2k)だが0.001μHまで計測可能なLCメーターが届いた

IMG_20211119_195758.jpg

が,マニュアルもなく使い方が全く不明なので本日は止め

HANMATEKのデジタルオシロスコープHO52を購入

DSO138は性能がイマイチ,DDS-120はPCを起動するのが面倒だしWindows10では使えないので,そろそろ新しいオシロスコープが欲しいと思っていた

ハンドヘルドデジタルオシロスコープのOWON HDS272Sが秋月で22kなので良いかなっと思っていたところへ,競合製品のHANMATEK HO52がAmazonのタイムセールで4k引きの12.8kだったので購入を決定(価格的に人気あるのか次の日には売り切れてた)

IMG_20211112_180920.jpg

開封するとケースが出てくる

IMG_20211112_180937.jpg

ケースに下には日本語のマニュアルとオシロプローブ×2本

IMG_20211112_181111.jpg

ケースの中には本体(何故か逆向き),ACアダプタ(USB),USBケーブル,テスターリード

IMG_20211112_181129.jpgIMG_20211112_181239.jpg

持った感じはハンドヘルドらしく本体は丈夫にできていそうだ

サイズは8インチのタブレットや大き目のテスターと同じ位

IMG_20211112_181524.jpg

電源ONして画面が表示するのを確認すると小さい画面の割に見易そう

まだ操作方法が判っていないので使用感などは使った時に記載する

(追加)

ボタン1つで測定結果を調整して表示するAuto機能が便利である

IMG_20211118_200541.jpg

尚,本体を袋から出すと汚れ,画面にはカバーもしてないため傷があり,どうやら返品物だと思われる(バッテリーも満タンだった)

また,各国語対応をうたっていながら英語と中国語のみの対応で,日本語マニュアルはあるが文章や名称がおかしいだけならまだしも,記載通り操作しても間違いだらけで動作しないゴミだった

オシロスコープの機能をある程度理解している人が試行操作して確認しないと使えないだろう

ファンクション信号発生器キットを作る

安価(¥799)なファンクション信号発生器キットを購入

IMG_20211114_091659.jpg

キットなので半田付けしないとならない

一応は説明書も付いている

IMG_20211114_091847.jpgIMG_20211114_123501.jpg

早速,基板に印字されているパーツ番号とパーツリストを確認しながら半田付けする

IMG_20211114_091915.jpg

IMG_20211114_092125.jpg

半田付けの際,先日購入したLCRメーター(LCR-T4)がパーツの確認に役に立った(かなり便利)

IMG_20211114_092857.jpg

基板は30分も掛からず完成

IMG_20211114_100728.jpg

透明ケースが付いているが,ケースに基板を付けるのにちょっと戸惑う

IMG_20211114_123133.jpg

説明が無いのも問題だが,どうやら基板はナットをスペーサーにしてM3×6㎜のビスに載せるだけのようだ

このとおりにすると上蓋の押えが甘いためカタカタと鳴ることになる

なので,拙者はM3×10のビスを用意し3㎜のスペーサ-を作って止めた

確認

正常に動作するか確認すると結構まともなサイン波が出ている

IMG_20211114_131438.jpg

最高周波数は仕様通り1MHzのようだ

IMG_20211114_132931.jpg

仕様
  • 電圧供給:9~12V DC入力
  • 波形:正方形,正弦,三角形
  • インピーダンス:600オーム+ 10%
  • 周波数:1Hz~1MHz
  • サイズ: 130×95×17㎜
  • 重量:69g / 2.46oz

正弦波

  • 振幅:9V DC入力で0~3V
  • 歪み:1%未満(1KHzで)
  • 平坦度:+ 0.05dB 1Hz~100kHz

スクエアウェーブ

  • 振幅:9V DC入力で8V(無負荷)
  • 立ち上がり時間:50ns未満(1KHz時)
  • 降下時間:30ns未満(1KHzで)
  • 対称性:5%未満(1KHzで)

三角波

  • 振幅:9V DC入力で0~3V
  • リニアリティ:1%未満(100KHzまで)10mA
おまけ

説明書が英語だったので裏面をgoogleレンズで翻訳してみた

SC_20211114_01.png

ページ移動

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed