インフォメーション

2012年10月 ブログシステムをfreoに移行

2015年05月 Cubieboardサーバで運用開始

エントリー

ドライブレコーダー(過放電防止回路)

  • 2018/07/16 20:55
  • カテゴリー:

UPSの切り替えのような制御を行えばよいだろうと思いながらも,ATtiny13aのコンパレータでも使ってみるかと調べたりしたが,最終的に「過放電コントロラー(12V用)」を参考にさせてもらった

回路図

参考のまんまの回路だが以下のとおり

過放電防止回路_回路図.png

過放電感知電圧を11.5Vあたりにして調整,復帰電圧はエンジンを掛けた時で良いため感知できる適当な電圧で良しとし最終的に12.2Vとなっている

この回路はシュミットトリガが使われており勉強になる(が,素人年寄には難しい)

試行

まずはブレッドボードで試して調整する

IMG_20180716_162406144.jpg

基準電圧のチェック

IMG_20180716_162954515.jpg

入力12V時の(バッテリ)分圧電圧(R6,R7で調整),入力11.5Vにして分圧電圧を確認(約3.3V)

IMG_20180716_163134925.jpg

過放電感知電圧(U2,R8,R9,R5で調整)を入力11.5Vで切れるよう約3.3Vに調整

IMG_20180716_163957626.jpg

シュミットトリガの動作確認

シュミットトリガでコンパレータの評価電圧が2段階変動する

(その1)復帰電圧時の評価電圧で過放電感知電圧の分圧3.3Vになる

IMG_20180716_165515968.jpg

(その2)入力が11.5Vまで下がって(分圧3.3V)で切れると復帰電圧3.52V(約12.2V)になる

IMG_20180716_165541130.jpg

実装

問題なさそうなので基板に実装,過放電防止回路とドラレコ電源部(5V)のみ

IMG_20180716_221631706.jpg

DCDCを載せたところ

IMG_20180716_221717845.jpg

懸案事項
  • 逆流防止でショットキーダイオードを付けたがVF(0.45V)でも大きいかもしれない

ドライブレコーダー(準備)

  • 2018/07/13 20:25
  • カテゴリー:

昨年の9月に購入した「ユピテル ドライブレコーダー DRY-WiFiV3c」をようやく設置することにした

IMG_20180713_194105065.jpg

なかなか設置しようとしなかったのはエンジンを切っても(つまり車から離れる)しばらくはバッテリーでドライブレコーダーを動作させる機能を追加したくて考えていたのと,ついでに電源元が同じとなるETCを手動でON/OFF制御したかったためである

そして先にデサルフェータを設置しないといけないなと思っていたら,どんどん月日が経ってしまったという訳だ

今回は以下の事を(なるべく)同時にやろうと考えている

  • ドライブレコーダー設置
  • ETCの電源手動化
  • レーダー探知機の設置(情報取得と安全運転のため)
  • カーナビの整備(予定)
ドライブレコーダー設置

ドライブレコーダーとしての設置は何ら問題は無いのだけど電源をどうするかに尽きる

ようは単純な設置はつまらないってことで,あいだにサブバッテリーを置いて車から離れてもしばらくは記録させようってことを考えた(後で知ったがそのような製品がオプションであるようで本体より高価だった)

本体付属の電源は定番のシガーソケットで,このドライブレコーダーは5V駆動のためDCDCが組み込まれている

シガーソケット部は必要ないので分解してDCDCを取り外す

IMG_20180708_195738072.jpgIMG_20180708_200505248.jpg

尚,ドライブレコーダーとしてDRY-WiFiV3cを選択した理由はスマホでドラレコ映像を観ることができるからである

IMG_20180713_194145100.jpgIMG_20180713_194136199.jpg

またコンパクトで画質も良いという評価も参考にした(実際の画質も確認して納得している)

ETCの電源手動化

使わないのにエンジンを掛けると電源が入り音声案内があるのが気にいらないので必要ない時はOFFにしておこうと考えた

どうせ利用するときはETCカードを挿入することになるので電源投入のタイミングがあるので忘れることはないだろうと思う

スイッチは評判はよろしくないがエーモンの純正風プッシュスイッチを使用する

IMG_20180623_180048589_LL.jpg

Amazonでの評価が悪いのと高価なのと更に高価な後継版が出たのがあったため,良さそうなトグルスイッチでもよいかなと思っていたのだけど,近くのオートバックスで新装開店セール¥540(税込)で販売していたので購入した(壊れたら再度考えよう)

仕様が12V500mAで問題はないだろうが余裕も欲しいのでFETスイッチを組み込むことにする

レーダー探知機の設置

本当はレーダー探知機は必要ないのだけど,デモで見たところ各種の車体情報表示が良く安価だったので購入してしまったのだ

IMG_20180713_194240111.jpgIMG_20180713_194536671.jpg

当初は電源をETC・ドラレコと一体化して考えていたが,多くの車体情報を得るためにはOBDⅡ(こんな共通規格あるの知らなかった)を使うのが良く高価だけどアダプターを購入してしまった(ほとんど興味のためだね)

IMG_20180713_194250001.jpgIMG_20180713_194407960.jpg

この製品もシガーソケットの電源コードが付いているがOBDⅡから電源供給されるため必要なくなる

ところで,ここの電源コード(添付品とOBDⅡも)コネクタの根元が2方向だけど可動するようになっていて接続したあと配置したいケーブルの方向へ曲げられるので良くできている(素晴らしい)

とりあえずデータ更新(無料)を実行してみた

IMG_20180713_211029058.jpg

データ更新にはデータのダウンロード環境とmicroSDカードが必要

カーナビの整備

なんとか使えていたGPSの調子が悪く前々から調査してみようと考えていたGPS電源の件で分解してみようと思っている

もう1つHDDをSSD化できないか考えている(IDEロックが掛かっているようで買い替えたほうが良さそうではある)

これらを出来れば一緒にやってしまおうってことで時間次第の予定項目である

制御部の回路図

車載装置電源SW_回路図.png

S1はエーモンの純正風プッシュスイッチ

サブバッテリーを保護するための過放電防止回路は検討中

コンパクトなテスター

テスターが1台不良になったこともあり,良さそうなテスターを探していたところコンパクトなテスターを見つけ購入(KKmoon RM101

IMG_20180629_204009108.jpg

これでもオートレンジで6000カウント,セールということもあったが¥1,650はお買い得

熱電対付き温度測定バージョンのRM102もあり¥2,000(セール価格)

IMG_20180709_210832107.jpg

袋が付いていたけどバッテリーは付属していないので単4を2本準備

IMG_20180709_210923598.jpg

これまでのテスターと比べてもコンパクトで持っても手に乗るし置いても場所に困らない

精度を確認

2.465V

IMG_20180711_195517425.jpg

4.096V

IMG_20180711_195451981.jpg

なかなか良いかも

デサルフェータ―3号機(完成・取付)

自動車のバッテリーに取付るためケーブルを付けてケースに入れる

基板の空き部分はカットした

IMG_20180708_173053299_LL.jpg

ケースはダイソーの一番小さいタッパー

IMG_20180708_174000121.jpgIMG_20180708_174037717.jpgIMG_20180708_174014647.jpg

ケースへの固定は2号機と同じように蓋を底にして厚手の両面テープで止めた

サイズが2号機の約半分なので余裕で収まりようやく完成

取付

取付前にバッテリーの電圧を確認すると使用期間6年ながら悪くない電圧である

IMG_20180708_174434643.jpg

取付完了,動作開始

IMG_20180708_175032745_HDR.jpg

後でケーブル部分をバッテリーの留め具にケーブルタイで固定したので本体もブレないようになった

しかし様子をみて固定する方法を考えないといけないかと思う

ページ移動

ユーティリティ

タグクラウド

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed